心の安定・浄化・開運について

どんな運気の時でも、心の安定と日々の努力で、大難を小難に、小難を無難にすることができます。ここでは、オーソドックスでありながらも効果を実感できる昔ながらの方法をお伝えします。


氏神様への参拝・・・住まいの近くにある氏神様に参拝すると土地神様に守っていただけます。神社の清浄な気により、モヤモヤも祓っていただけるでしょう。

先祖供養・・・ご先祖のお墓参りや、お仏壇のお祀りをすることで、ご先祖様とのつながりを強め、守っていただけるでしょう。

瞑想・・・瞑想をすることで、頭の中の妄想をストップさせます。妄想は脳と心を疲労させます。背筋を伸ばし、呼吸に集中します。頭の中で「息を吸います、吸います、吸います」「息を吐きます、吐きます、吐きます」というふうに実況中継すると妄想しないですみます。それでも妄想がわいてきたら気づいた時点で「妄想、妄想、妄想」と頭の中で唱えます。そしてまた呼吸に集中します。3分ほどでも結構です。

塩風呂・・・お風呂にあら塩をひとつかみ(コップ1杯)入れて入浴します。スッキリしますよ!

般若心経・・・唱える前に護身法をされると良いでしょう。唱えることで自分も空間も浄化されます。信頼できるお寺で学べると良いですね。

大祓詞・・・初心者は簡略版のほうが安全なのだそうです。

節食・・・人相の大家、水野南北先生が考えた開運法。どんなに運の悪い相を持つ人も食事を慎むことで開運することを教えています。分をわきまえることが大切で身分や収入に見合った食事をすることを説いています。中年以降に運が弱る人は食べ過ぎないように少食を心掛けることで寿命も延びるのかもしれません。